クゥちゃんパパーいしげゆきおの水彩画教室

水彩画教室をはじめました。
<< 水彩画”フルーツ”の試し描き | main | 水彩画 夏の果物”桃”を描く >>
水彩画”ガラスの瓶・皿・器”を描くポイント

JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

 

透明水彩絵具の最大の特徴はなんと言っても絵具の持つ透明感にあります。

 

その特性を生かした、ガラスの描き方のポイントは

 

まず、大事な点は描く時に対象が美しいと感じる事が大事です。

 

その感じた事を素直に絵に表現できれば良いのです。

 

と言う訳でモチーフが光に当たってきれいな時間帯で描きましょう!

 

 

ガラスを透してテーブル等に映り込む光や陰を見落とさずに!

 

透明なガラスは透けて見えます。ガラス同士が重なったところは少しぼやけたり

 

屈折したりの変化を捉えましょう。

 

 

ガラスのふちはエッジが光ります。紙の白地を生かして塗り残します。

 

又となりのモチーフ等の色が映り込んだりします。

 

 

同じくグラスのカット部は白く反射しますのでマスキング液などを多用して塗り残します。

 

 

 

(基本は)遠くに在る物より近くに在る物をはっきり描くことで物と物との距離感を出します。

 

 

 

『 ガラスの静物 』

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

| クゥちゃんパパ | - | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:19 | - | - | - | - |









http://2010toriaezu.jugem.jp/trackback/652
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ブログ村 水彩画
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村 クリック応援ありがとうございます。
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE